【電子工作】ArduinoProMini(3.3V)でDCモーターを制御してみた

今回の目的

マイコン制御の電池で動くおもちゃを作りたいので、まずはArduinoからDCモーターを動かすだけのシンプルな物を作ります。

最終的には電池駆動にしたいので、その辺りも検証します。

用意したもの

Amazonで3個1200円ほど。5V版と3.3V版がありますが、今回は3.3Vを選びました。

USBシリアル変換

ArduinoProMiniは小型化のためにUSB変換が省かれており、そのままでは接続できません。 秋月 などで購入。

USBシリアル変換
USBシリアル変換

Arduino専用のアダプタも出ているようです。USBケーブルを用意しなくても良いのでこっちの方が便利かも。

![USB-シリアル変換アダプタ arduino mini Pro 5V/3.3V](https://amzn.to/3sDxsye)

モータードライバ

Lチカと違いモーターの駆動には大きな電流が必要なのでドライバから制御します。 (無理やり繋ぐとArduinoに大きな電流が流れて壊れる可能性があるので注意しましょう。)

回転数・回転方向の制御をもろもろやってくれる便利なモジュールです。他のモータードライバと比べて小型なのでこれを選びました。

BD6211F搭載モータードライバモジュール

充電式コイン型電池

出来るだけ小さく、コスパの良い物をと考え充電式のボタン型電池を購入してみました。3.7VあるのでArduinoProMiniは動くはずです。

ボタン電池 二次電池 LIR2032 充電式 3.7V

書き込んで見る

まずは定番のLチカから。問題なく動作。

全体図
全体図

電源をコイン電池に変更しても問題なし。

nyagosu hanten 2021